理事長ごあいさつ

最成病院は昭和61年の開院以来、地域医療の充実を目指し、地域の皆さまのニーズに応えるべく、医療体制を備えてまいりました。
その花見川地区も超高齢化が進みました。地域包括ケアシステムの構築が叫ばれて久しいですが、ご高齢者やご高齢者の家族にも安心して暮らしていただける地域構築のため、当院は重要な役割担う基幹病院だと自負しております。
今後も目まぐるしく変わりゆく情勢や地域環境に対応し、花見川地域の保健医療、介護、福祉に貢献するため、職員一同研鑽してまいります。
 

医療法人社団有相会理事長 多田 惠





  院長ごあいさつ

 
今、医療の世界では戦後生まれの団塊の世代がすべて75歳以上となる2025年に向けて、地域の実情に合わせた適切な医療を提供するため、医療圏ごとに地域医療構想が提言されています。千葉医療圏(千葉市)では急性期、回復期、慢性期の患者さんがそれぞれ何人ぐらい病院に入院する必要があるかを予測して、地域の病院が各々どのくらいの患者さんを受け持てばよいのかを検討しています。このような環境の中でも、最成病院はこれまで通り急性期(手術や緊急入院が必要な患者さん)、回復期(リハビリを必要とする患者さん)から慢性期(長期療養を必要とする患者さん)まで地域の方の医療を担ってまいります。皆さまにはこれからも住み慣れた地域で安心してお暮らし頂けるものと確信しております。

 

 

最成病院院長 鈴木 孝雄