看護部
当院はケアミックス病院です。様々な機能を持つ病棟があり、急性期から慢性期、在宅まで地域密着型の医療、看護を行っていることが特徴です。また、どの病棟も退院支援に力を入れ、その人らしい生活への支援を中心に行っています。地域包括ケアシステムの中での病院は、地域の暮らしを支える医療を担ういわば「通過点」です。住み慣れた施設や自宅でその人らしく生活するため、看護師として医学的な観点、身体のアセスメント、そしてその人が持っている能力を組み合わせて、退院後の暮らしを支えていくこと。それが超高齢社会に求められる看護師の大きな役割であり、最成病院の看護の特徴であると考えています。                           看護部長 鴇田 佳容子
 
 

■急性期病棟

急性期を担う病棟は、消化器外科と内科の混合病棟、整形外科と内科の混合病棟の2病棟です。重症患者さまや急な病状の変化、手術が必要な患者さまに対応しています。また、検査入院などもこの病棟で受け入れます。入院時より、退院後の生活を想定して看護や介護、リハビリを行います。急性期が過ぎてもすぐには元の生活に戻れない場合は必要なケアが受けられる病棟へ移動します。
 

■地域包括ケア病棟

急性期の治療が終了した患者さま、在宅医療を受けている方、介護施設等で療養されている方が急に具合が悪くなった場合、住み慣れた自宅や地域で暮らし続けられるよう支援(お手伝い)する病棟です。在宅復帰をスムーズに行うため、「在宅復帰支援計画書」に基づいて、主治医、看護師、リハビリスタッフ、在宅復帰支援担当者等が協力して患者さまの在宅復帰を支援します。
 

■回復期リハビリ病棟

急性期の治療を終え、自宅や社会に戻ってからの生活を少しでも元に近い状態に近づけるためのリハビリテーションを専門に行う病棟です。機能訓練だけでなく、起床時から就寝時までの間、食事や着替え、歯磨きや整容、排せつなど日常的な動作も含めた生活そのものをリハビリととらえたサポートを行います。また、家庭内の改修・補助器具導入の調査や自宅の段差などの相談や退院後に使える介護保険申請のお手伝いや各種サービスの調整など、在宅への復帰に向けて様々な取り組みが行われています。

■医療療養病棟

医療依存度が高く長期間療養し手厚い看護・介護が必要な患者さまが入院する病棟です。 病院の機能分化の中で療養病棟の存在は、急性期の治療を終えた患者さまの療養環境として、また、施設では行えない医療を必要とする患者さまのため、病院・地域にとって大切な役割を果たしています。

■外来

当院は、かかりつけ医としての役割のほか、近隣地域の診療所やクリニックの先生からの紹介患者さまに対し、より詳しい検査や入院・手術などの専門的な医療を行います。また、高度医療が必要と判断された患者さまに対しては最適な医療機関をご紹介します。 外来看護の特徴は短時間の関わりの中で、安心して診療を受けて頂くことや、待ち時間に対する配慮が課題です。常に業務の効率性を図り、スムーズな診療に結び付くようにしています。

■手術室

主に整形外科と消化器外科の手術が行われます。常勤の麻酔科医師を中心に外科系医師、放射線技師、看護師、看護補助者がひとつのチームとなり、安全で安心な手術となるよう取り組んでいます。高齢の患者さまが多いため術前訪問では、内科的な疾患やご本人の理解度なども確認します。起こりえる麻酔や手術に対する問題を抽出し、術中から術後の合併症の予防発見に努めています。